オンラインカジノで受取れるボーナス には「受け取ったボーナス額 × ◯倍」といった『出金条件』が設定されていて、この出金条件をクリアしない限り、プレイヤーはボーナスを使って獲得した勝利金を現金として出金することは出来ません。

今回は「ボーナス出金条件の消化にスロットが最適な理由」をご紹介します。
 
 

ボーナス消化率が 100 %

ボーナス消化率が 100 %

オンラインカジノの ” ボーナス出金条件 ” を満たすためには、とにかくゲームでベットを行う必要があります。

ここで一つ注意したいのが、遊ぶゲームによってボーナス消化率が異なるということです。
多くのオンラインカジノでは、ボーナスの消化率をスロットゲームで 100 %、テーブルゲームやライブゲームは 10 ~ 15 % 程度に設定しています。
 
【例1】出金条件 30 倍 のボーナスを 100 ドル 受け取った場合
ボーナス消化率 100 % のゲーム=ベット合計額 3,000 ドルで出金条件達成
ボーナス消化率 10 % のゲーム=ベット合計額 30,000 ドルで出金条件達成
 
最適な理由1
能率良くボーナス出金条件を消化するには、ボーナス消化率が 100 %のスロットが最適
 
 

種類が豊富にある

種類が豊富にある

オンラインカジノのボーナス消化にスロットゲームが最適な理由として「スロットゲームには数多くの種類が導入されている」点が挙げられます。
オンラインカジノの中には ” 1,000 種類を超えるスロットゲームを導入しているサイト ” も多く、 ” クラッシックスロット ” や ” ジャックポットスロット ” など、様々なジャンルが存在します。

ボーナスはこれらスロットゲームのどれでも遊ぶことが可能で、飽きること無く楽しくボーナスを消化していくことができます。

ただしボーナスを消化する際は「ベット上限金額」に注意する必要があります。
各オンラインカジノによって ” ボーナスのベット金額 ” には上限が決められており、その金額を超えるベットをすることはできません。
この上限金額は、最初にベットする時だけではなく、スロットゲームでよくある ” ギャンブル機能 ” にも適用されます。

【例2】ボーナスベット上限額が5ドルのスロットゲームで ゲームをする場合 
1スピン3ドルをベットして、6ドルを獲得したところでギャンブル機能が発動してしまった時は「ベット上限額を超えた」と見なされ、ボーナスや勝利金が没収される事もある

最適な理由2
様々なタイプのスロットで飽きることなくボーナスが消化できる
ただし、ギャンブル機能にも「ベット上限額」が適用されるため、注意が必要
 
 

一攫千金のチャンスがある

一攫千金のチャンスがある

オンラインカジノのスロットゲームの中には、『プログレッシブジャックポット』と呼ばれる一攫千金を狙える機能を持つタイプも多数導入されています。
当選確率は低いですが、このプログレッシブジャックポットを引き当てることで、数万ドル数十万ドル、時に数百万ドルという大金を一瞬にして掴み取ることができます。
 
また ” フリースピンボーナス ” でも数々のマルチプライヤー(配当率アップやリスピンなどのスロットが持つ特別な機能)の発動によって、プログレッシブジャックポット並の大量獲得も十分に可能です。
 
【例3】ボーナスを使って 夢の一攫千金を手にした場合 
オンラインカジノの中には「ボーナスを使って獲得した勝利金は◯ドルまで出金可能」という制約が設けられている場合もあるため、予めボーナスの利用規約を確認しておく
 
最適な理由3
スロットの中には一攫千金を狙える機能を持つタイプも多数導入されている
ただし、ギャンブル機能にも「出金上限額」設けられている場合もあるため、予めボーナスの利用規約を確認しておく
 
 

まとめ

今回は「ボーナス出金条件の消化にスロットが最適な理由」をご紹介しました。
 
オンラインカジノのボーナスは、除外ゲームや禁止ゲームを除いて、あらゆるゲームで消化することができますが、消化率に違いがあります。
テーブルゲームやライブゲームの消化率は 10 ~ 15 % と非常に低く設定されているため、能率良くボーナス出金条件をクリアしたい場合には、スロットゲームが最適です。
 
オンラインカジノのスロットゲームは、多種多様なタイプのゲームが導入されているため、飽きること無くボーナスを消化できます。
また、ボーナスの出金上限額の確認は必要ですが『プログレッシブジャックポット』や『フリースピンボーナス』など一攫千金の夢もあります。

オンラインカジノのボーナスを上手に活用して自己負担を軽減しつつ、リアルマネーを手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です