ネットカジノの中で、私はブラックジャック・BLACK JACKが一番が好きという方々もいらっしゃることでしょう。

BLACK JACKが好きの理由はなんなのでしょうか。

単に、BLACK JACKを昔から知っているから、ネットカジノでもBLACK JACKに挑戦しているという理由なのかもしれません。

BLACK JACKは人気ゲームですが、あなたは実際にネットカジノでBLACK JACKに挑戦して、すんなり勝つことができているでしょうか。

やっぱりネットカジノで大事なのは「必勝法」です。

「なんとしてもネットカジノのブラックジャック・BLACK JACKで勝ちたい!」という方々は、まずは、最後まで、この記事をお読みください。

ネットカジノのブラックジャックには必勝法が存在する

ネットカジノのブラックジャックには必勝法が存在する
ネットカジノで、ブラックジャック・BLACK JACKが一番好きという方々も多くいらっしゃることでしょう。

ブラックジャックには、相当長い歴史があります。

何よりもブラックジャックが一番好きという方々がいらしても、ごくごく当然のことだと言ってもいいでしょう。

また、ブラックジャックというゲームは、長年多くのギャンブラー、数学者たちによって研究がされ尽くされています。

一番勝てるゲームなのかもしれません。

ブラックジャックには、確率的にということになりますが、攻略法というものがあります。

ですから、ネットカジノはじめてという方々も、必勝法によって充分勝つことができます。

必勝法を知らないで向き合えば、ただ、それは、なりゆきまかせの運と向き合っているだけということになります。

それは、まさに、リスキーなギャンブルです。

もちろん、ネットカジノはギャンブルの域に留めていいものだと思いますが、必勝法を知ることで運以上のものにすることができます。

数字の合計が17から21ならスタンド

数字の合計が17から21ならスタンド
ブラックジャックのカードの合計が、17から21なら、必勝法としてスタンドを使います。

ヒットを選択することで、バースト・Burst する確率ががぜん高いからです。

合計値12Burst 率30%
合計値13Burst 率38%
合計値14Burst 率46%

そして、

合計値15Burst 率54%
合計値16Burst 率60%
合計値17Burst 率68%
合計値18Burst 率76%
合計値19Burst 率84%
合計値20Burst 率92%

この数値をごらんいただければわかると思いますが、合計が15以上のケースでは、バーストの確率は50%を越すことができています。

17から20はかなり高い確率なので、あまり危険な無理はしないで、スタンドを選択するというのがいいでしょう。

12から16の場合ディーラーの手札をチェックして判断

次は、12から16の場合です。

そのような状況下、ディーラーの手札をチェックして判断するというのがいいでしょう。

12から16では、ヒットすれば強いハンドになる可能性もありますし、バーストしてしまう可能性も決して低いとはいうことができません。

いわば、プレイしている人たちの数字だけの問題で、なかなか次の決断の判断がしにくい状態ということができます。

ですから、プラスアルファの判断材料が必要、それが、ディーラーのアップカードの数値ということになります。

ディーラーが示すアップカード数次第で、ディーラーのバースト率は変わっていくので、そのあたりの問題を頭にインプットして、判断するといいでしょう。

ディーラーアップカード2 ディーラーBurst 率35%
ディーラーアップカード3 ディーラーBurst 率38%
ディーラーアップカード4 ディーラーBurst 率40%
ディーラーアップカード5 ディーラーBurst 率43%
ディーラーアップカード6 ディーラーBurst 率42%

ディーラーアップカード7 ディーラーBurst 率26%
ディーラーアップカード8 ディーラーBurst 率24%
ディーラーアップカード9 ディーラーBurst 率23%
ディーラーアップカード10,J,Q,K ディーラーBurst 率21%
ディーラーアップカードA ディーラーBurst 率12%

このような確率になります。

アップカードが7から10だったという場合には、ディーラーがバーストする可能性が21から26%です。

ですからプレイしている方々は、より高い数を狙って、ヒットです。

アップカードが2から6というケースでは、ディーラーのバースト確率は35から42%です。

でしたら、ディーラーが勝手に負けてくれる可能性を期待した方がいいと思いますので、プレイしている方々は安全圏狙いで、スタンドです。

合計が11以下の場合ヒット

そして、数値の計が、11以下の場合では、どのカードを引いたとしてもバーストの可能性はありませんので、ヒットです。

その次には、ディーラーの持ち札を判断材料にして、どうすればいいか行動を決定しましょう。

エースが2枚配られた場合スプリット

エースが2枚配られた場合スプリット
さらに、A(エース)が2枚配られたときには、「スプリット」です。

Aの数値は11か1ですが、A2枚の時の合計は2。

ヒットさせて数値をアップさせるよりも、スプリットした方がバーストのリスクを回避できて、より高みを狙うことができるでしょう。

スプリットして、手札が両方ブラックジャックという可能性も残されています。

いかがでしょうか。

ネットカジノのブラックジャック・BLACK JACKの必勝法は、バーストBurst 確率を理解することです。

ブラックジャックでは、配られた手札とともに、ディーラーのアッパーカード、伏せカードと言ったものからも、瞬間瞬間、ベストな判断をする必要があるゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です