オンラインカジノのの違法性について

オンラインカジノのの違法性について

「オンラインカジノ」と聞いて、日本人ならまず最初に「違法じゃないの?」と思ってしまうのではないでしょうか。
たとえオンラインカジノに興味があっても、違法性が気になって手を出しづらいと考えている人もいるのではないかと思います。

実際に、「ネット上で海外のカジノでプレイする」という場合、日本の法律上どうなるのか?という点はあまり知られていないです。
オンラインカジノはまだまだ新しいギャンブルということもあり、日本国内ではそれほどメジャーではありません。
このため、法律的にどうなっているのかということについて知識がない方も多いです。

そこで、そのオンラインカジノの法律的な点について、過去の事例なども踏まえて具体的にみていきたいと思います。

オンラインカジノに関する法律は存在していない

難しい法律を知らなくても、オンラインカジノに関する法律的なことはとてもわかり易いです。
まず結論だけ先にいうと、現在の段階ではオンラインカジノは違法でも合法でもないグレーゾーンという位置づけになっています。

オンラインカジノ現在の法律上の立ち位置ですが、実は法律に具体的にオンラインカジノに関して明記されている法律そのものが存在していません。
海外のオンラインカジノ自体に違法性はないのですが、日本から海外のオンラインカジノをプレイすることについては、法律で定められていないので、はっきりと法律的に合法なのか違法なのかどちらともいい難いというのが現状なのです。
法律がないということは、はっきり裁くことは難しいが合法でもないため、現在は抜け穴状態のグレーゾーン的な存在ということになります。

オンラインカジノが出来たのはまだ新しく、日本の法律はまだそれに向けて整えられていない状態なのです。
現に、インターネット上の誹謗中傷でさえ、法律でしっかりと裁くことが出来ませんし、何かしらあやふやなところが多いです。

オンラインカジノについては、日本から参加しているのは事実なので、違法であるという意見もあれば、そもそもオンラインカジノを裁くための法律がないのだから、違法ではないという意見もあります。
ただ、オンラインカジノに関する法律がないことに加えて、日本の賭博に関する法律は基本的に運営側を裁くためにあるという理由があります。
したがって、運営側が海外にあるオンラインカジノの場合、状況も特殊ですので、現在のところプレイヤー側が裁かれることは考えにくいという見解が多くなっています。

海外では合法とされているオンラインカジノ

海外では合法とされているオンラインカジノ

日本国内においてオンラインカジノは、違法性が高く怪しいというイメージがあります。
しかし、海外ではオンラインカジノは非常にメジャーな存在ですし、大手の運営会社が合法とされている国において、正式に国から許可証であるライセンスが発行された上で運営されています。
つまり、オンラインカジノは海外でも合法ですし、なんらオンラインカジノそのものに違法性はありません。
このため、日本国内でオンラインカジノで遊んでいたからといって、それが違法であるということも言えないのです。

また、海外では合法とされているオンラインカジノを日本の法律だけで裁くことは出来ません。
たとえば、海外旅行先で、ランドカジノで遊んだとしてもそれを日本の法律だけで裁くことができないのと同様に、オンラインカジノも、運営元が海外にあり、サーバーが海外に置かれている以上は、日本の法律でこれを裁くことが難しいのです。

日本国内で運営されているオンラインカジノは違法

ただし、プレイヤーは気をつけなければならないことがあります。
それは、日本国内で運営されているオンラインカジノをプレイしたりすることは、完全に違法ということです。
これは、運営元が日本にあるため、賭博場開帳図利罪として、完全に違法になってしまいます。

また、最近では、オンラインカジノをプレイするための店(インカジ)なども、摘発が相次いでいます。
こういったオンラインカジノをプレイしたりした場合だったり、インカジといったお店に足を踏み入れて、カジノをプレイした場合には、明確に違法となりますので、こちらも絶対にプレイしないようにする必要があります。

オンラインカジノで逮捕者はいるの?

オンラインカジノで逮捕者はいるの?

オンラインカジノで日本国内で逮捕されたケースが2016年に初めてありました。
これが日本人プレイヤーが初めて逮捕された事件となったのですが、プレーヤーが略式起訴を受け入れず裁判を起こす意思を見せたところ、不起訴処分となったのです
これは検察側が「裁判で争っても有罪にするのは難しい」と判断したからと考えられています。

これは運営側は合法的に運営されているということで、プレイヤーだけを有罪とするのは難しいということなのでしょう。
オンラインカジノはやはりグレーゾーンのエリアを超えることはないということがこの事件から分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です