インカジとはどういったもの?

このたび、「インカジ」がニュースでも話題となっています。インカジとは、インターネットカジノカフェの略称で、国内のお店で海外のオンラインカジノなどのソフトウェアを使い、そしてお客さんにこちらのカジノを提供しているというお店を指して使われることが多い言葉です。
こちらのインカジは、オンラインカジノなどとは違い、基本的には違法なカジノ店となります。
インカジは、多くの逮捕者が出るなど、違法なので摘発の対象となっています。オンラインカジノと一緒にされがちですが、オンラインカジノは、海外の合法とされている国において正式にライセンスが発行された上で運営されています。
インカジについては、違法な国内の賭博行為になりますので、同じオンラインカジノのソフトウェアでも、店内で行っている以上、逮捕されてしまう対象となってしまうのです。

インカジは、どこにある?

インカジは、一体どこにあるのでしょうか。インカジは、渋谷や池袋、また大阪ミナミなどに存在しています。多くのインカジは、看板なども出しておらず、周りにばれないよう秘密裏に運営されていることがほとんどとなります。
初めての方がいきなりたどり着くのは非常に困難となっています。
基本的には、インカジはキャッチで付いていくことによって知ることになるのがほとんどです。
「カジノがありますよ」と声をかけられることによって、キャッチに付いていって、そして遊ぶことになったのがきっかけという方が多いです。

インカジは明確に違法と認識されている

インカジは一見普通のネットカフェのような店内なのにもかかわらず、「カジノで遊ぶことが出来ます」とされている事が多いです。
ネットカフェのような店舗でありながら、実はインカジだったという例も多く、実際に大阪などでは、多くのインカジの店舗が摘発されているのです。
インカジは、当然違法となっていますし、こちらで遊ぶことは非常にリスクが高いとされています。

インカジが違法な理由

インカジが摘発されてしまう理由にはどういった理由があるのでしょうか。
まず、インカジは、日本国内で現金のやりとりが行われているということが大きな理由となっています。胴元が日本にあるため、これはれっきとした賭博罪になってしまいます。
胴元は暴力団などであることも多いですので、警察が今現在、積極的に摘発をしています。このため、遊んでいていつ逮捕されてしまっても不自然ではありません。
それに対して、オンラインカジノは、日本国内で現金のやりとりが行われず、海外サイトでのやりとりになります。このため、違法ではなく、合法でもないので、摘発の対象とはなりません。
オンラインカジノはそもそも摘発された人もとても少ないです。優良サイトを選べば、安全に遊ぶことが出来るのです。
このため、インターネットカジノで楽しみたいのであれば、安全なオンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。登録なども無料ですし、パソコンやスマホ、タブレットなどで自由に楽しめます。オンラインカジノであれば、リスクなども非常に少なく遊ぶことが出来ます。インカジと比較してもメリットが大きいですので、インカジは避けておき、オンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。

イカサマが横行?信頼性がないインカジ

インカジで遊ぶことを避けておいた方が良い理由として、逮捕されてしまうというリスクもありますが、胴元の信頼性がないという理由があります。インカジそのものが違法の賭博になりますので、まともなところが運営をしているわけがありません。
元々オンラインカジノそのものは、ライセンスを取得した運営会社が運営を行っていますので公平性などは保たれていますし、第三者である監査機関から監査を受けているので、安全性に関しても問題はありませんし、不正などはありません。
しかし、インカジはそういったライセンスを取得している訳ではないのでお咎めなどもありませんし、裏で遠隔操作をしたからといって監査が入るわけではありません。そもそも、運営自体が違法となっていますので、裏ではやりたい放題であるというのが現状です。
つまりは不正などはいくらでも出来てしまいますし、イカサマなどがあってもそれを指摘することが出来なければ、警察に駆け込むことも出来無い為、とてもハイリスクとなっています。

しかしながら普段指摘等を受けずに営業していても、インカジに関してはそもそもその存在が違法である為、摘発時にはいきなり警察がどっと押し寄せてきて、人間やお店のお金機材などを全て持って行きます。
このため、時々リフレッシュ程度で通っているという方の場合でも、いきなり逮捕されてしまう可能性もあるのです。このため、興味本位で遊んでみたり、キャッチに付いていくというのも避けておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です